DVDオーサリング・DVDプレス・ジャケット印刷・パッケージングの製作一式をトータルサポート

トップ画像
お問い合わせ

■Blu-ray製作
Blu-rayコピー・プレス・オーサリング

■DVD製作
DVDプレス
DVD-Rコピー(インクジェット出力)
DVD-Rコピー(シルク/オフセット印刷)
ガード付DVD-Rコピー
DVDケース
DVDアッセンブル
DVDオーサリング
DVDジャケット印刷
ビデオをDVDへ

■CD製作
CDプレス
CD-Rコピー(インクジェット出力)
CD-Rコピー(シルク/オフセット印刷)
CDケース
CDアッセンブル
CDジャケット印刷

■オーディオカセット製作
カセットダビング
カセット生テープ
カセットケース

■メモリーカード製作
メモリーカードコピー

■変換
動画・データ変換

■カレンダー製作
カレンダーケース

■企業情報
会社概要
アクセス
会社紹介
こだわり
採用情報


デザイン作成入稿ガイド

テンプレート
レンタル・ゲームケース関連の用品事業部
スタッフブログ
賃貸マンションCocoro-West

DVDオーサリング仕様・DVDメニュー画面仕様

DVDオーサリング仕様DVDメニュー画面仕様

DVDオーサリング仕様

マスターテープについて
入稿されるテープは必ず「完全パッケージ」の状態でご支給ください。(※)
テープは収録時にノイズ、音飛び、コマ飛びなどのエラーが発生する可能性がありますので、ご支給いただくマスターにつきましては、必ず収録された状態でお客様が映像・音声をご確認ください。(出来れば二人以上でご確認いただくことをお勧めします。)
特にminiDVや上書きされたテープにはノイズやエラーが発生しやすいのでご注意ください。
ご支給いただいたテープにノイズ、音飛び、コマ飛びなどがあり、映像の差換えなどが発生する場合は、 別途費用がかかります。
必ず映像・音声をご確認の上、ご支給ください。
また、安全対策のためにマスターは必ずバックアップを取り、サブマスターを弊社にご支給ください。
  • 対応マスター:HDCAM・デジタルβカム・βカム・DVCAM・DVCPRO(25M)・DV・miniDVにてご支給ください。これら以外のマスターについてはお問い合わせください。
  • マスターテープは必ずSMPTEに準じたカラーバーと1kHzの正弦波で-20dB(フルビット)のテスト信号を入れてください。
  • マスターテープには、必ず連続したT.C.(タイムコード)を付与してください。また、TCは00:00:00:00スタートの設定はしないでください。どうしても無理な場合は、映像の先頭に10秒程度の黒みなどを入れてください。
  • チャプターポイントのご指示は、必ずマスターテープ上のタイムコードでフレーム単位までお願いします。
  • 音声の音切れを防ぐため、各チャプターの先頭となる点から1秒間は、必ず無音としてください。

※「簡単な」映像のつなぎ合わせや字幕入れも承っております。
 別途ご相談ください。

コピーガードについて
弊社で設定可能なコピーガードにつきましては、CSSコピーガードとAPSコピーガードになります。
詳細は、別途ご相談ください。
  • 弊社はロヴィ社(旧マクロビジョン社)とオーサリング施設契約をしております。APSコピーガードを設定する場合は、別途ロヴィ社との契約が必要になります。
▲このページのトップへ

DVDメニュー画面仕様

パソコンモニターで確認される映像とTVモニターで確認される映像では色味が違います。
また、インターレース方式のテレビの場合、細い横線や線幅の細いフォントや文字サイズが小さい場合などは、チラつきの原因になります。
メニュー画面等の最終確認は必ずTVモニターで確認してください。
ご入稿データについて
  • カラーモードをRGBで指定した「PSD」または「BMP」形式でご支給ください。
  • PSD形式の場合、Adobe Photoshop CS5以前のバージョンで保存したものをご支給ください。メニュー画面画像とボタンマスク画像はレイヤーで分かれた1つのファイルでも、別名保存した2つのファイルでも、どちらでも構いません。
  • ファイル名は全て半角英数を使用し、拡張子を付けてください。
  • 動画メニューの場合は、メニュー画面映像をテープでご支給ください。
  • メニュー画面時にBGMをご使用の場合は、音声のファイルをAIFF・WAVにてご支給ください。
画面サイズについて
アスペクト比 作成時画面サイズ 画像解像度
4:3 640 x 480 Pixel 72pixel/inch 以上
16:9 864 x 480 Pixel
セーフティーゾーン(セーフエリア)について
文字・ボタンなどは、作成時画面サイズの90%以内で作成してください。
PCモニター上ではフルサイズで表示されている場合でも実際のTV画面で表示した場合、上下左右の約10%の範囲(TVにより多少異なります)が見切れてしまいます。
セーフティーゾーン
ボタンについて
  • メニューボタンの設定はアスペクト比が、4:3は36個以内 16:9は18個以内となります。各ボタン同士は重ならないように配置してください。
  • ボタンは四角形などのなるべく単純な形で作成してください。複雑な形のボタンは、ジャギー発生の原因になります。
  • ボタンの指定範囲を黒、それ以外を白で塗りつぶしたマスク画像(下図参照)を付けてください。
マスク画像
  • PSD形式で作成の場合のレイヤー効果やレイヤーセットの使用はエラーの原因になりますので、適用および解除してください。
  • ボタン選択時・決定時の色をオーサリング時に設定しますので、RGB数値を別紙などでご指定ください。
▲このページのトップへ
オーサリング・DVDプレス・CDプレスのことなら【ファーストマルチメディア】
Copyright(c) 2009 FIRST MULTIMEDIA CO.,LTD. All rights reserve
サイトマップご注意・免責事項個人情報についてお問い合わせ
大阪本社  大阪市浪速区桜川4-1-7 TEL:06-6563-6180 FAX:06-6563-3131
東京営業所 東京都港区新橋6-20-11 高木ビル2F  TEL:03-5776-0431 FAX:03-5776-0432
トップページ