映像アーカイブ

少し前まで主流だったテープメディアですが、すでに大半のデッキのメーカーサポートが終了しています。倉庫で保管している映像テープをそのままにしておくと、多くの映像資産を失ってしまうかもしれません。そうなる前にデータフォーマットに変換することにより、安心して資産を長期保管することができます。
映像アーカイヴ化

【例】

  • BETACAM SP 695本→XDCAM 238本(1枚に複数タイトル記録)
  • DVCAM 1007本→XDCAM 1007本
  • HDCAM 424本→Apple ProRes422 HQ 424ファイル 等

アーカイブ 3つのメリット

1.「倉庫代カット」で経費を削減

映像テープのデータファイル化で、スペース削減が実現。保管コストを大幅に減らすことが可能です。

2.「しまっておく」から「いつでも使える」に

データ化で利便性がアップ。ただとっておくだけではなく、映像資産を有効に使うことができます。

3.ずっと残しておくものだから、品質にもこだわりたい

高い技術力を持つ「映像のプロフェッショナル」が、高品質で確実な商品をご提供いたします。

お客様のご要望や状況、ご予算などをご相談頂いたうえで、一緒に考えながらプランをご提案いたします。

無理なセールスは一切行なっておりませんので、安心してお問い合わせください。